離婚を決定された方へ 財産分与手続きのご相談受付中

離婚・財産分与.com

夜間・土日の対応も可能 無料相談 抜群の立地 Q&A 0120-316-025 財産分与のことなら、お気軽にご相談ください
  • 無料相談
  • 抜群の立地
  • Q&A
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 無料相談の流れ
  • ご依頼費用
  • お客様の声
  • アクセス
  • HOME
  • 財産分与とは

財産分与とは

財産分与というのは、婚姻中にお互いが築いた財産を清算することですが、法律的に財産分与が意味する範囲はたいへんに広く、法律的に認められている財産分与の性質は次のとおりです。

清算的財産分与(婚姻中の共有財産、実質的共有財産の清算)

財産分与の中心になります。
扶養的財産分与(離婚後の弱者に対する扶養)
離婚によって生活ができなくなる夫婦の一方の暮らしの維持。経済的に弱い立場にある配偶者が、自立をするまでの援助として支給されるものです。清算的財産分与も慰謝料も請求できない、あるいはできたとしてもそれだけでは生活できないときに、これを補うために請求できます。支払期限については3年程度といわれています。

慰謝料的財産分与(離婚による慰謝料)

最高裁判所は財産分与に離婚による慰謝料を含めることができるとしています。財産分与に慰謝料が含まれて、精神的な損害に対して十分に補てんがされている場合、配偶者の不貞行為などを理由として、別に慰謝料を請求することはできません。慰謝料的財産分与を含めて財産が分与されても、精神的苦痛に対して十分に補てんされたとはいえないと認められる場合には、別に慰謝料の請求ができます。
過去の婚姻費用の清算
多くは婚姻中に「婚姻費用分担請求」というかたちで処理されます。

▼扶養的財産分与

清算的財産分与の対象となる財産がない場合、扶養的財産分与の請求を検討します。この場合、自分の生活収入で生活できるようになるまで何年くらいかかるか、その間、生活費としていくらくらい必要かを離婚前の生活費を参考にして考えてみる必要があります。
 
扶養的財産分与が認められる基準としては、自立の援助のほかに、高齢である、病気である、子どもの監護のためなどがあります。
 
子どもの監護で認められる場合は、子どもを引き取り監護することで本人の経済的自立が困難になるため扶養が必要であると判断されるからです。
精神疾患などを負った配偶者への扶養的財産分与では、その配偶者が死亡するまでというかなり長い期間の支払いが命じられることもあります。
清算的財産分与ができなくても、扶養的財産分与では分与の義務を持つ配偶者に扶養能力ががあるかどうかが問題となるため、その配偶者が持つ財産が対象となります。
 
扶養の能力があることが必要ですので分与の義務があっても資産がない場合には、認められないこともあります。

離婚手続きに関するよくあるご質問

離婚手続きに関するよくあるご質問

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

無料相談受付中 0120-316-025

詳しくはこちら

司法書士法人花沢事務所

東京都千代田区丸の内1-3-1
東京銀行協会ビル17階

横須賀市日の出町1丁目
4番地12 中央ハイツ105

Copyright © 2013 司法書士花沢事務所 All Rights Reserved.